過去ログ倉庫

スポンサーリンク

☆せい

もう全てが異常なんですよ。
マロッタのインタビューでWandaってワードが出過ぎてる。どっちが選手なのか分からないくらいに。ライオラだって1クラブの幹部にこんなに名前出された時ないですよ。

夫のキャプテンという立場を足枷に好き勝手やった代償ですね。愛だとか実績の問題じゃないです。結局解任から今日まで一言の謝罪も無かったですし。妻、母親、代理人、コメンテーター。Wandaは何をやりたいんでしょうかね。

RRさんも仰ってますが、あんなにチーム全員で心から喜んでる姿なんて久々に見ました。何気にナインゴランがゴール決めた時も1番最初にペリシッチが飛び込んで来ましたし。イカルディがいた時なんてハニカミソフトタッチぐらいしかしなかったペリシッチがですよ。

間違いなく今日のインテルは貪欲過ぎるくらいゴールに飢えた武闘派チームでした。

今日のインテルを見たならあんなインテル愛を語るだけ語るインタビューにはならなかっはず。。

一兵卒から這い上がる勇気と忍耐がイカルディにあるのかは分からないですし期待もしてませんけど本当にインテルを愛してるのは我々ファンに行動で見せて欲しいですね。

前みたいなチームに戻るくらいならユベントスでも構わないんで移籍させた方がいいと思います。今でもインテルで1番好きな選手はイカルディですけど、、、やっぱり自分の中でクラブを超える選手はいないです。



(iPhone ios12.1)
2019/02/18 19:40

☆RR
男性
なんかアホ妻のコメントはクラブ愛を強調するものの様ですが、そうじゃないんだよな。
クラブをここまで混乱に陥れた事、自分本位の発言について謝罪をしないと、インテリスタは受け入れませんよ。
年明けの失速の原因は間違いなくチーム内の不和であり、その中心にいたのが元キャプテンとその妻である事を今朝の試合で確信しましたから。
ペリシッチの移籍志願も、あの夫妻に嫌気が指したからでしょう。それでなければ数日前に移籍志願していた選手が今朝の様な熱いプレーを見せる筈がない。
アシストした後に無邪気にダンブロに首ロックしに行く姿は、それこそチームメイトへの愛を感じましたよ。

謝罪してチームに戻るのは結構ですが、ラウタロの控えという立場を受け入れて、限られた時間で結果を出し続け、時間をかけて信頼を回復してという形にして欲しい。
戻ってすぐスタメンというのはやめて欲しい、キャプテンなんてもってのほか。
(iPhone ios12.1.4)
2019/02/18 18:27

☆Kentaro Javier Martinez
シュクリニアル昨日の惜しかった。ダンブロージオがオフサイドじゃなかったら、スーパーゴールだった。

シュクリニアルはGK以外全部できる説(笑)
(iPhone ios12.1.2)
2019/02/18 15:46

☆せい

○マロッタ
[RAI]
・イカルディの件について
『私は1ヶ月ほど前にWandaと会っています。そのミーティングでイカルディへのオファーを約束した。今後数週間以内にオファーを送る予定です。イカルディのその他の評価については適切な時期に行います。イカルディはインテルの選手の1人であり、残り2年半で契約が切れる事実は変わらない。彼はインテルにとって非常に重要な選手です。フットボールチームとは例えるなら家族と似ている。だから時には家族の長が決定を下さなければいけない時もある。だがそれは懲戒処分や彼をチームから排除するということではない。今回の決定は全ての人にとってプラスに働くと判断されたからだ。我々は皆イカルディの帰りを待っている。何より監督のスパレッティが誰よりも彼の帰りを待っている。イカルディはこのチームに手を差し伸べてくれる存在だ。彼の膝の問題が早く回復するよう祈っている。』


[TikiTaka]
・イカルディとWandaの件について
『我々はWandaとイカルディとの緊張した関係を緩和したい。全ての人に平穏を与えたいと思っている。今回の決断は冷静な話し合いの下で決定された。だがそれはマウロに対する懲戒処分ではない。彼はまだ25歳だ。これから学び、成長する為の長い道のりが彼には残されている。我々はその説明をする為にマウロをスパレッティの部屋に呼んで通達した。Wandaも悲しんでいると思い励ましの電話もかけた。今回の決定はマウロ、Wanda、インテル、そして多くの犠牲を払ってくれたファンの為にしたことです。それを皆様にも理解して頂きたい。我々はイカルディの責任感とプロ意識を疑ったことなどない。だから私はすぐにWandaと会って契約について話し合う。彼らがそれを受けるか拒否するかは自由です。1つ言いたいのは、今回の決定と契約更新(去就)については全く関係していないということです。人生は素晴らしい静けさで続いていく。 Forza Inter。』

(iPhone ios12.1)
2019/02/18 13:36

☆フーテン
なんかロバみたい どこがいいのかなブ◯
今さらお涙頂戴はいらん
謝罪しないと
(SO-04H)
2019/02/18 12:37

☆せい

○イカルディ
[TikiTaka]
Wanda Nara
・今日スタジアムに足を運びましたね
『今日スタジアムに行くことについて疑いはありませんでした。私は常に選手の妻として、そしてインテリスタである子供たちの母親として行動しています。フランチェスカに水痘の疑いがありましたが、マウロは私に一緒にスタジアムに行くよう頼んできました。』

・昨日車に石を投げられたと報道がありました
『昨日の朝、三男を試合に連れて行く時のことでした。幸いなことに誰も怪我をせずに済みましたが、最初は何が起こったか分かりませんでした…。私はショックとパニックですぐにインテルの誰かに電話をかけました。その後まもなくしてマロッタから電話がありました。』

・彼のキャプテン剥奪について
『マウロにとってそれは片足を奪われたようなものでした。彼は常にインテルのシャツを誇りに思ってましたし、お金のことなんて一切考えない人です。彼は常に周囲に配慮しており、キャプテンとしての責任を尊重する為にあらゆることをしてきました。だから私はキャプテンを解かれるなんて考えもしませんでした。私は常にインテル、そしてマロッタやアウジリオと連絡を取り合っています。時には3〜4時間のミーティングも行いました。ですがそのような場でも今回の件については一切話しが無かった。マウロに対しても何もありませんでした。私たちはインテリスタのファミリーです。誰もがマウロを信じていなかった時から今日まで彼は120ゴールも決めています。もちろんこのシャツを着て…。マウロはこのチームを誰よりも1番最初に信じています。』

・モラッティから連絡が?
(ここでWandaの目に涙)
『モラッティに心から感謝しています。彼の優しい言葉に心からお礼を言いたい。あの時のマウロは凄く取り乱していました。マウロにとってサッカーをすることは非常に多くの意味を持ちます。だから再びマウロが活躍出来るようになるのかモラッティに相談しました。………私たちにとってインテルは家族です。私たちはここを去りたくない。』

・彼の代わりにピッチに立ったラウタロについて
『彼の活躍はマウロを幸せにします。マウロは彼をとても誇りに思っています。』

・ファンについて
『多くの人がマウロを励ましてくれています。だから私たちは多くのことを明確にしなければいけません。マウロの大きな欠点は誠実過ぎるところです。』

・6月に退団?
『いいえ。そんなこと考えたこともありません。私たちはここに留まりたい。ですが私たちだけに依存しない多くの要因が関係してきます。サッカーの1シーズンは非常に長いです。』


(iPhone ios12.1)
2019/02/18 11:57

☆サモ
観戦された方々お疲れ様でした。
録画見ました。

内容悪かろうがヒヤヒヤギリギリだろうが今は勝ってくれさえすればいいです。
(iPhone ios11.4)
2019/02/18 11:55

☆ジョジョ
観戦された皆さんお疲れ様です!

私はまだ観れてないのですが、やっとまた戦う集団になってきた感じですかね。
ペリシッチ、ナインゴランも復調傾向にあり、ラウタロがイカルディ時にはなかった動きを作って、と後半戦危ういかなとも思っていましたが、まだまだこれからですね!

ちなみに、ガリアルディーニどんな感じでした?最近出番も少ないですし、ベシーノと比べてどうでしょうか?


ワンダさんの涙は、悲劇のヒロインを演じてるだけなのか、本当の涙なのか、疑っちゃいますよね。まあどちらにしても今回の一件は自分が悪いことに少しでも気づいてくれればいいのですが…。
あと、今後の展開次第ですが、イカルディの復帰が遅くなれば、その間にラウタロに序列ひっくり返される可能性もありますよね。
戻って来たはいいが、今度は戦術面で試合に出れないなんてこともあるかも。

(iPhone ios12.1.4)
2019/02/18 11:16

☆フーテン
たぶんレアルもユベントスも良いオファーしないし、イカルディなしで勝ててる現状強気にでれないから涙で訴えてるように思います。
ワンダナラは調子のりすぎ。
(SO-04H)
2019/02/18 10:11

☆スーパーマリオ
やはりメンタルというかモチベーションって大事ですね。
今日はみんな気迫があるプレーをしてたように思います。
こうなるとイカルディの立場が微妙になってきますね。
さてどうなるか
(iPhone ios12.1)
2019/02/18 09:23

スポンサーリンク

前へ次へ
TOPに戻る