超女子日本代表掲示板
6445154アクセス
投稿:17996回
投稿 検索


スポンサーリンク

☆ああ
女子サッカーの質が世界全体でめちゃくちゃな勢いで上がってておもしろいのに、W杯をあんな素晴らしい勝ち方をした日本が「興味ないっす」で終ってるのがつらい

日本人はスポーツに根本的に興味がないのかなって思う、ドイツ大会で優勝したメンバーが勝った喜びよりも「女子サッカーを根付かせなくては」という焦燥感を訴えてたのは2019年の今を見据えてたからかもな
(KYV33)
2019/07/05 17:06

☆ぷにぷに◆bAT6t6ENVk
連投失礼します。
現在のイングランドの女子リーグの運営に、プレミアリーグが乗り出そうと検討をし始めているみたいですね。

うかうかしていると男子カテゴリーみたいに、気が付けば世界との差が取り返しのつかない程開いてしまっていた…なんて事になってしまいそうです。
(SC-03J)
2019/07/05 12:28

☆ああ
高倉では東京は勝てない。
田中美南をワールドカップに選ばなかったセンスはかなりズレている。結果を出せなかったのだから自ら辞めるべき。
(iPhone ios12.3.1)
2019/07/05 00:03

☆ぷにぷに◆bAT6t6ENVk
オランダ決勝進出しましたね。

解説の矢野さんが、スウェーデンの進化を語っていたのが印象的でした。

なでしこも負けずに進化を!
(SC-03J)
2019/07/04 14:32

☆あれれ 
オランダ頑張れ。
決勝まで行ってくれたら
少しは慰めになるな。
(iPhone ios12.3.1)
2019/07/04 05:57

☆なでしこ
日本代表とは。

代表はけして、若手の育成の場になってはいけません。無論、若返りを図る場でもありません。

そんなもの、よそでやるべきです。

しかし、知名度、収入、あらゆる面で女子サッカーが日本は遅れていることも事実です。
これは、ファンの皆様にも課題です。

アメリカ対イングランド戦。
事実上決勝戦じゃないかと言うぐらいの内容でした。

追いつけ追い越せじゃなく、日本が持ってる素晴らしさを見いだせるかが問われると思います。

日本には、フィジカルがなくとも、機動力、パスワークがある。その為に最高のストライカーを呼ばないんじゃなく、その為に最高のストライカーを呼べる日本代表ではなくてはダメなのかなと思います。

監督にはどうかその事をわかって欲しい。
無論協会も。


最高のストライカーを呼ばず型にもはめ込むことができないのならば、それは無知です。


(iPhone ios12.3.1)
2019/07/03 20:53

☆ああ
田中陽子の移籍先がウエルバに決定しました
活躍してほしいですね



(SHV40)
2019/07/02 18:37

☆正義?の士
男性
高倉監督にもいいところあります
何度かすみません。高倉監督にいいところ、ありますね。最大の功績は、どなたかおっしゃているように新勢力発掘でしょう。
長谷川、清水、杉田…溌剌としていました。でもルーキーでしたね。よくやっている、惜しい程度でした。惜しいはダメなんです。
ルーキーDF市瀬の例です。右SB清水が攻撃に上がって行ったとき、CB熊谷は自分の位置と清水の位置の中に入り、すぐスぺースを埋めました。市瀬は熊谷が上がった時そうした動きが不足し、熊谷から文句を言われていたのがTVにも映りました。
そもそも今回は新旧の過渡期でした。だからこそ引継ぎのベテランの力が必要だったのです。高校野球で騒がれた選手が、プロですぐ使えますか。清宮、吉田、根尾、オコエ皆そうです。レベルが違うのです。監督も高校野球の監督が、オール・ジャパンを率いたなんて、聞いたことがありません。
次に、田中美南の話をします。まだベテランではないと思いますが、3年連続得点王なんて、望んでもできません。首位打者とホームラン王みたいなもので、メジャーに行く前のイチローレベル(ホームランは少ないが)です。こんな宝を何で外したんでしょうね?得点力不足が、ブーメランのように返ってきましたね。
監督の新人発掘の功績は述べました。でもベテランを含め、選手選出、スタメンがかなり偏っていますね。
子飼いのみにこだわらない、広範な、ストーリーを持った戦略的な選手起用、そんな監督を待ち望んでいます。
(Chrome)
2019/07/02 16:47

☆かか
男性
目標はオリンピック
日本女子サッカーを衰退させないためにも、

次の目標は東京オリンピックでメダルですよね。

欧米のみならず南米の選手も欧州で多く活躍しています。

今大会良くやった。なんて言っておられません。

協会は、高倉監督では、限界が見えたんだから、早く新監督を起用し体制を立て直す必要があると思います。
(iPhone ios12.3.1)
2019/07/02 15:59

☆ああ
数年前からヨーロッパ勢も女子サッカーに力を入れるようになり、フィジカルがかなり劣るなでしこでは太刀打ちできません。今回もベスト8に残れば大成功だったと思いますね。
(iPhone ios12.3.1)
2019/07/02 05:59

☆ken.i
あまり突っ込んだ議論をする気もありませんが。

リオ五輪予選で敗れたときを思い出してください。あのときはアジアでも勝てないほど弱体化していたのです。あれからまだ3年ですよ。

高倉監督のもとでなでしこの再建が始まり、とにかくアジアで勝てるところまではきました。昨年はW杯予選とアジア大会で優勝しています。

ただし世界とくにヨーロッパははもっと先へ行っています。今大会はベスト8のうち7チームがヨーロッパです。

今回の日本は世界のライバルよりずっと若いメンバーで大会に臨み、ヨーロッパの強豪国と接戦になりました。世界の中の現在地を考えればよくやったのではないでしょうか。


(Chrome)
2019/07/02 01:49

☆ぷにぷに◆bAT6t6ENVk
連投・長文失礼します。
>☆ken.iさん
>高倉氏が監督に任命されたとき、一番に求められたのは、なでしこの世代交代を起こすことで、勝つことはその次だったのでは?

逆じゃないでしょうか。勝利が最優先で、その上で世代交代を進めていく。

>その背景には佐々木監督時代があります。佐々木監督は2011年の世界一メンバーを大切にするあまり、新しい選手にほとんどチャンスを与えず、結果として日本の新戦力台頭は世界よりも周回遅れになりました。

私の考えの範疇で述べさせていただきますが、ベテラン中心だろうが新世代中心だろうが、結果、勝利したのならばチームのメソッドが相手より優れていたと見なすべきではないでしょうか。必ずしも世代交代したからといって勝てるとは限りませんし(今回W杯のなでしこがまさにそうでした)、監督采配、戦術等色々な要素と有機的に絡んだ上での事だと思います。育成やチーム構成などは、その国の代表チームそれぞれの考え方、やり方があるはずで、それが勝利に結び付いたならば「結果的にそれが最善だった」ということになるんじゃないでしょうか。

>そう考えると、高倉監督への評価は、どれだけ新しい選手を戦力として台頭させたか、という視点でなされるべきではないでしょうか。

それについては、国際Aマッチデーや、強化・親善試合のレベルで評価、考察されるべきで、W杯、五輪、チャンピオンズリーグ等の国際カップ戦では「台頭させた戦力も用いて、いかに勝利したか」という尺度で語られるべきだと考えます。世代交代、新戦力の発掘が第一議だというなら、それは本末転倒です。

>もし、そのこと自体が間違っているというなら、高倉監督よりもJFAの戦略を批判するべきと思います。

まったく同感です。協会の、女子カテゴリーに対する本気度が今後、問われていると考えます。
宮間あや選手の思いがかなう事を願うばかりです。
(SC-03J)
2019/07/01 12:52

☆くるくるパー
↓言わんとするところは理解できますが、勝たなければならない代表チームという前提に立てば異論があります。

>彼女らを中心に新生なでしこを立ち上げることこそ、高倉監督に託された最重要課題ではないでしょうか?
 これは何も高倉監督だから託されたとは思えない。彼女はアンダーの監督であり、あなたの言う「大人のチーム」をよく知っているコーチはたくさんいたはず。若い世代を中心にできるのは何も高倉氏だけとは思えません。

>はじめて指揮する「大人のチーム」がいきなりフル代表のナショナルチームなんて常識ではありえないでしょう。もしも、勝つことが第一目標ならば、です。
 前にも言いましたが、代表チームは勝たなければならない集団です。これを第一義にせず世代交代だけを考えるのは主客転倒ではないですか。

>高倉監督への評価は、どれだけ新しい選手を戦力として台頭させたか、という視点でなされるべきではないでしょうか。
 では、今回のW杯でどれだけの新しい選手が「戦力」として台頭したのでしょうか。出場が多かった前線の岩渕菅澤横山、中盤の中島、最終ラインの熊谷鮫島……。さらに出場はしなかったものの阪口宇津木……。以上は決して新戦力ではありません。チームの中心でしょう。つまり、新戦力の台頭はあったのかと問われれば、いやなかったと答えざるを得ません。もちろん高倉体制になってからの選手に見るべき選手はいたものの、まだまだの感が強かった。つまり、この視点でも評価が下がると言っても過言ではないでしょう。

>もし、そのこと自体が間違っているというなら、高倉監督よりもJFAの戦略を批判するべきと思います。
 むろん協会の無策は大いに批判すべきですが、当事者たる監督もW杯の失敗について批判されることは当然だと思います。
(Chrome)
2019/07/01 02:32

☆ken.i
高倉監督が袋叩きにされてるようなので、少し異議をはさませてください。

高倉氏が監督に任命されたとき、一番に求められたのは、なでしこの世代交代を起こすことで、勝つことはその次だったのでは?

その背景には佐々木監督時代があります。佐々木監督は2011年の世界一メンバーを大切にするあまり、新しい選手にほとんどチャンスを与えず、結果として日本の新戦力台頭は世界よりも周回遅れになりました。

それでも勝ってるあいだはよかったのです。ところがリオ五輪予選でそのベテランチームが敗れた。それも平均年齢がはるかに若いオーストラリアや中国に完敗したことで、JFAはなでしこの将来に危機意識をもったはずです。

U17やU20の結果を見れば日本の若手選手が世界最強クラスなのは間違いありません。彼女らを中心に新生なでしこを立ち上げることこそ、高倉監督に託された最重要課題ではないでしょうか?

そのことは高倉監督自身の経歴が物語ります。なでしこジャパン就任以前に高倉氏が監督を務めたのは、2014に世界一になったU17のようなアンダー世代のチームばかりです。はじめて指揮する「大人のチーム」がいきなりフル代表のナショナルチームなんて常識ではありえないでしょう。もしも、勝つことが第一目標ならば、です。

そう考えると、高倉監督への評価は、どれだけ新しい選手を戦力として台頭させたか、という視点でなされるべきではないでしょうか。もし、そのこと自体が間違っているというなら、高倉監督よりもJFAの戦略を批判するべきと思います。
(Chrome)
2019/06/30 21:57

☆正義?の士
男性
高倉監督の人間性
ちょっとくどいですが、知っている話を書きます。
あるマッチで田中美南と岩淵がツートップ(おそらく代表戦)の終盤、FW交代の声がかかり、田中はバテバテの岩淵と思ったが、交代は田中だったそう。そこで交代の時か試合後に「なんで私なんですか?」と聞いたという。それ以来美南には声がかからないという。
次に、今回のW杯直前BS-NHKでW杯の特番があった。司会者に「高倉さんてどんな人ですか?」と振られた望月コーチ(佐々木監督時代の女子コーチ)は、「怖い人です。ある時彼女の遅刻を指摘したら、1年間口をきいてもらえなかった」とコメントした。勇気ある発言である。番組・高倉によいしょしたいもう一人のゲストの大竹は、いい人ですよとフォローしていたが。
勿論監督にチーム作りの主導権があってよい。ただ執念深さや依怙贔屓はほどほどにすべきだ。漏れた選手にも、チーム、家族、ファンがおり、どんなにがっかりしているか。また日本サッカー協会には、国のカネも投入されている(はずだ)。オリンピックには間違いなく強化費が出される。日本の期待も一心に担っている。そういった立場にある人は、ビジョン、公平性を持った人であってほしい。監督再考にはぎりぎりで、しかも良いタイミングですよ。
(Chrome)
2019/06/30 13:11

スポンサーリンク


前へ次へ
ツイート