超アヤックス掲示板

31812アクセス
投稿:191回
✏ 投稿🔍 検索🔽 下


スポンサーリンク

☆sonic 2020/10/19 18:40 (MAR-LX2J)
男性
オランダ誇る最強のCBファン・ダイクが母国に凱旋してのアヤックスとのCL初戦で闘える事を楽しみにしていたので彼の長期離脱は悔やまれます。
今は治療に専念して再びピッチに戻って来て欲しいと思います。


☆sonic 2020/10/19 16:33 (MAR-LX2J)
男性
アヤックス 5 ― 1 へ一レンフェ一ン
前線の入れ替えで本来の動きが8割程戻ってきた試合
アントニー、クドゥス、クラ一センの新戦力が得点しているし今季は補強組が当たっている。



☆sonic 2020/10/05 20:15 (MAR-LX2J)
男性
ラビアドがのオフザボ一ル動きが少ない為、前線が停滞している
CFは下がって受けて2列目に入りゲームメイクに加わる、DFの裏を狙う、サイドに流れてアタッカーになったり様々な動きが求められます。
当然、周囲の選手もその動きにより空いたスペースに動いていくので全員が様々なポジションを入れ替わりこなす事により流動性が生まれます
今のラビアドはツィエフの様な2列目のポジションが適正なポジションかと思います

☆sonic 2020/10/03 14:29 (MAR-LX2J)
男性
CLグループD 
リヴァプール アヤックス アタランタ ミッティラン 1度は対戦したいと思っていたクラブとここまで同じ組になるなんて正直嬉しく思います
そして、このグループはクラブ規模に反してレベルが高いと思います
どこが勝つかなんて分からないけど、このグループを勝ち抜いたクラブを支持したいと思います。

☆sonic 2020/09/28 18:49 (MAR-LX2J)
男性
ツィエフ→チェルシー
ファンデべ一グ→マンチェスターU
デスト→バルセロナ
フェルトマン→ブライトン
それぞれ移籍先での活躍を楽しみにしています。

アントニー、クドゥス、ス一ルフ一ル、ラビアド、
アルバレス新戦力も加わり新しいチ一ムになり完成度で言うとまだまだですがどんなチ一ムになるかそれも楽しみです

☆aa 2020/09/27 00:59 (Chrome)
スタジアム行きたい

☆ああ 2020/09/26 21:34 (iPhone ios14.0)
test

☆sonic 2020/09/23 14:31 (MAR-LX2J)
男性
セルジーノ・デストは、FCバルセロナでプレーすることになった。『Esport 3』の番組『Onze』で明らかになったように、有望なアメリカ人右サイドバックを獲得するためアヤックスとの契約を結んだ。

この情報によると、バルサとアヤックスは2000万ユーロ(約24億5000万円)+変動で5年分の移籍契約に合意したようだ。公式発表は数日の間に行われるであろう。

このニュースが確定すれば、バルサはバイエルン・ミュンヘンとの争奪戦に勝利することになる。アメリカ人のSBはバイエルンも欲しがっていて、彼のためにいくつかのオファーを出していたが届かなかった。

バルサの場合は、セメドをウォルバーハンプトンに売却した後、その空きに到着することが可能になっている。
セメドの離脱後、デストはスターティングイレブンにはいる選択肢の一つの候補となるが、セルジ・ロベルトの方が一枚上手となるだろう

☆ああ 2020/09/07 11:06 (Chrome)
テスト

☆sonic 2020/09/05 18:36 (MAR-LX2J)
男性
【オランダ代表 1-0 ポーランド代表 UEFAネーションズリーグリーグA・グループ1第1節】

 UEFAネーションズリーグリーグA・グループ1第1節、オランダ代表対ポーランド代表が現地時間4日に行われた。ホームのオランダが1-0の勝利を収めた。

 前回準優勝のオランダはファン・ダイクやフレンキー・デ・ヨング、ベルフワインやデパイなどが先発に名を連ねた。対するポーランドはエースのレバンドフスキが不在。ピョンテクやジエリンスキなどが先発入りとなった。

 試合は0-0のまま前半を折り返す。試合が動いたのは61分。ディフェンスからのロングボールを左サイドで受けたプロメスは縦に仕掛けようとするが、相手にボールを突っつかれ失敗。だが、プロメスはフレンキー・デ・ヨングにボールを下げる。デ・ヨングはペナルティエリア右に走りこんできたハテブールにロングパス。ハテブールはダイレクトで中央に入れると、ベルフワインがダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

 この1点を守り切ったオランダがポーランド代表に勝利。前回準優勝のオランダが今季のネーションズリーグ白星スタートとなった。

【得点者】
61分 1-0 ベルフワイン(オランダ)

☆sonic 2020/09/04 10:28 (MAR-LX2J)
男性
メンフィス・デパイ(リヨン/フランス)
生年月日:1994年2月13日(26歳)
オランダ代表成績:52試合出場/19得点19アシスト

 マンチェスター・ユナイテッドでは不完全燃焼に終わったが、2017年冬に加入したリヨンで完全復活を果たした。その勢いはオランダ代表でも存分に示されており、EURO予選では6試合の出場で6得点8アシストの成績を収めるなど、攻撃の絶対的な核として印象的なパフォーマンスをみせている。

 もともとは鋭いドリブルを武器とする典型的なアタッカータイプで、少し自己中心的なプレーも目立っていたが、近年はオフザボールの動き、周りを使う上手さにも磨きがかかるなどCFとしての才能が開花。より怖い存在へと変貌を遂げた。今後しばらくはオレンジ軍団の“エース”を担っていくことになるだろう。

☆sonic 2020/09/03 23:48 (MAR-LX2J)
男性
アヤックスの最高経営責任者(CEO)を務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドのファンにエモーショナルな書簡を公開した。

ユナイテッドは2日、アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得を発表した。取引額は移籍金3900万ユーロ(約49億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億2000万円)。ファン・デ・ベークは1年延長オプションが付随した2025年までの契約で加入となる。

かつてユナイテッドの守護神として数々のタイトルに寄与したファン・デル・サール氏は自チームが誇る有望株のユナイテッド入りを受け、3日にイギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』を介して、サポーターに暖かいサポートを求めた。

「親愛なるマンチェスター・ユナイテッドのファンのみなさんへ。元気でお過ごしだろうか。またご縁があったみたいだ。我々のひとりが今季から君たちの下に加わった」

「彼は多くの選手と同じく幼い頃から我々と一緒にいた選手だ。デビューして間もなくして、すぐに最高の選手のひとりになり、特にここ数年はアメージングだった。彼がいたこのチームは我々が何者なのか、アヤックスの存在意義を世界に知らしめることができた」

「君(ファン・デ・ベーク)のように、才能を伸ばしてベストのひとりに育て上げ、若手に最高レベルのチャンスを与えることは我々の誇りだ。君はその誇りを具現化する新星と言っても良いだろう」

「それは我々が彼の去る姿を見たくない多くの理由のひとつでもあるが、前に進むときだというのも理解している。夢のためにね。君たちの劇場はそれに最適な場所だ。私を信じてくれ。ドニーをどうかよろしく。彼の夢を応援してあげてくれ。未来を楽しんで」

「AFCアヤックス、CEO、エドウィン・ファン・デル・サール」

☆sonic 2020/09/02 10:28 (MAR-LX2J)
男性
リバプールのDFヴィルヒル・ファン・ダイクが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が決定的と見られるアヤックスのMFドニー・ファン・デ・ベークについて言及した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

現在、オランダ代表ではファン・デ・ベークの去就に俄然注目が集まっている。以前から今夏の退団が濃厚と見られていた23歳に関しては、4000万ポンド(約56億7000万円)と言われる金額でユナイテッドとアヤックスが合意に至り、今後数日以内の移籍完了が濃厚と見られている。

そういった中、UEFAネーションズリーグ2020-21に向けてオランダ代表に参加しているファン・ダイクには、公式会見の場で同胞のライバルクラブ行きに関する質問が飛んだ。

するとオランイェのキャプテンは、同じくライバルのマンチェスター・シティに移籍したDFナタン・アケと共に、新天地での成功を心から祈っていると主張した。

「(移籍先を変える翻意を促したか?)そんなことはないよ」

「もし、それが実現した場合、そのようになると思うけど、僕は心から彼を応援するよ」

「それは彼自身だけでなくオランダのフットボール界、代表チームにとっても素晴らしいことだよ。オランイェのプレーヤーが新たに偉大なクラブの一員になるということだからね」

「それはマンチェスター・シティに移籍したナタン・アケも同様さ」

☆sonic 2020/09/02 10:26 (MAR-LX2J)
オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、代表から去っていった指揮官ロナルド・クーマンについて自身の見解を示している。

オランダ代表はUEFAネーションズリーグで4日にポーランド、7日にイタリアと戦う予定となっている。この一戦を前に、ファン・ダイクが会見の場でサウサンプトン時代、そしてオランダ代表で指導を受けたクーマンについてのコメントを発した。

「代表から監督が去っていったことは残念だが、仕方がないと思う。まさかこんなに早く去っていくとはね。それは予想外だったが、これまでの彼の指導には感謝の気持ちを示したい」

「僕はここにいるよう説得するようなことはしなかったよ。彼にとってバルセロナで指導することが夢だとわかっていたからね」

なお、オランダ代表は暫定でかつてJリーグの名古屋や千葉でも指導したドワイト・ローデヴェーヘス氏が率いることに。同監督は「クーマンが去ったことは代表にとって大きな損失だった。だが、彼は多くのものをもたらしてくれた。彼がいなかったら、オランダ代表は新しい挑戦の機会を得ることさえできなかったからね」と発言。前任者に感謝の意を示している。

☆sonic 2020/09/02 10:24 (MAR-LX2J)
アヤックスに所属する23歳のオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する見通しだ。移籍先では背番号34を望んでいると、1日に英紙『メトロ』が報じている。

 同紙によると、移籍金4030万ポンド(約57億2000万円)でクラブ間合意に達し、現地時間8月31日にメディカルチェックも完了したという。まもなく移籍を正式発表することになりそうだが、ファン・デ・ベークは背番号34を身に着けることになりそうだ。背番号34を希望した理由は親友への思いからとのこと。

 アヤックスの下部組織で育ち、2016年にトップチームへ昇格した親友のアブドゥルハーク・ヌーリ。2017年7月8日、不整脈で試合中に突如倒れ、意識不明の重体に。病院へ緊急搬送された後、治療を受けたものの脳に損傷が残った。

 それから昏睡状態が続き、約2年8ヶ月が経った2020年3月下旬に目を覚まし意識を取り戻している。ただ、再びサッカー選手に戻ることは出来ず、事実上の現役引退となった。そのヌーリがアヤックス時代に身に付けていたのが背番号34だった。親友への敬意から、ファン・デ・ベークは34番を希望しているようだ。

スポンサーリンク


前へ次へ
ツイート