超チェルシー掲示板
2772375アクセス
投稿:6244回
投稿 検索


スポンサーリンク

☆SUPER FRANK
マウントはスキャンの結果およそ2週間なら程度の離脱だそうですね。長く見積って10/19のニューカッスル戦辺りでの復帰でしょうか??
(iPhone ios12.4)
2019/09/19 22:44

☆bleuJ
PKの時(予想)
ウィリアン「よし、チェルシーの新10番がアザールの穴を埋このピンチを救うぞ」
ジョルジーニョ「さてPKと言えばPK職人の俺が、いつもどおりフェイントに引っ掛かってバランスを崩したら反対へ蹴るぞ」
ウィリアン「ジョルジ、ここは俺に任せろ俺は10番だぞ」
ジョルジーニョ「いや安定感の俺が簡単に決めるさ」
〜ボールをセットし微動だりしないバークリー〜
ウィリアン、ジョルジーニョ「なんだこいつ」
バークリー「お前が出てるときは蹴っていいって監督が言った」
ジョルジ「おまっそれプレシーズンの話だろ!」
ウィリアン「おいおいおい、10番」
バークリー「蹴っていい言った」
ジョルジ「マジかよこいつ!」
ウィリアン「・・・」
〜ボールのそばから動かないバークリー〜
ジョルジ「あーーもうわかったよ、おい、絶対決めろよ!」
ウィリアン「10番・・」
バークリー外す
ジョルジ「ジーザス!!」
ウィリアン「10番」
(SCV39)
2019/09/19 20:32

☆SUPER FRANK
イングランド代表ではバークリーすごく良いんですけどね...
(iPhone ios12.4)
2019/09/19 19:54

☆ちぇる 
とりあえずバークリーはもう見たくないわ。チークとカンテが復帰したらベンチにも入らなくなりそう。来季は空気読んで8番をマウントかチークに譲ってくれ。
(iPhone ios12.2)
2019/09/19 18:50

☆bleuJ
バークリーは評価が難しいです。
多分本当の適正は4231などのトップ下かシャドーストライカー。
思ったほど周り使わないし(途中出場だと尚更)
433とかのIHだとプレスやポジショニングに頭が一杯で創造性あるプレイが鳴りを潜めるし、ウイングやるほど突破力があるわけじゃない。
フィジカルが強く練習ではPKが上手く、テクニックもある
あと、試合だとよくコケる。
チークやカンテが復帰したらベンチウォーマーになりそう

しかし、近年希に見る野戦病棟と化してるな
(SCV39)
2019/09/19 16:25

☆SUPER FRANK
引いた相手に対するカードとしてのバークリーなんだと思います。彼以外にミドルレンジで強引に打てる選手はいませんし、ランパードもそういった面で期待しているんだと思います。バレンシア戦でもいいキープからおしいシュートもありましたしね。
(iPhone ios12.4)
2019/09/19 13:18

☆ズマ
☆bleuJさん
まさにそこなんですよね、笑
守備的な相手に対しての戦術がランパードにらないように感じます。

極論言うと超守備的のカウンターが一番強いですよね、つまらないですけど、笑
ハイプレス型は流行っていますが、練度と疲労が心配ですよね、

色々な戦術があってこうやって皆さんと議論出来るの事が楽しみでもあったりします、笑
(iPhone ios12.4.1)
2019/09/19 12:22

☆bleuJ
ズマさん
コンテのように343のスペシャリストで利点や弱点も知り尽くしてるなら魅力がありますよ。なんていってもプレミア制覇してるフォーメーションですからね。
それを脆弱な守備のカバーリング目的だけで343をチョイスしてるのなら辞めるべきなんです。
まあ、アロンソのこともあり今居る選手をみて使ってる可能性が高いですが。
心配されるのがバレンシアが対チェルシーのお手本を示してしまったことですね。
格下クラブがこぞって真似して守備的に来られると343をやってたらまずいです。
密集を打開出来るアザールはもう居ませんからね。
今期負けたユナイテッド戦、バレンシア戦に共通していることは相手が守備的だったという事です。
逆に結果を出してるのは相手が攻撃的でした。
(SCV39)
2019/09/19 12:12

☆ズマ
343
343で攻撃エリアをサイドに置くことにより、中央からのカウンターを予防できるメリットはあるかと。

中盤2枚も後ろに3CBがいるのでそこまで慌てる事なく、さらに2シャドーと両WBにもパスが出せるので幅は広がると思います。

ジルーの魅力は高さではありますが、ワンツーで2列目からのフィニッシュを決めさせる方が得意な様に感じます。
(iPhone ios12.4.1)
2019/09/19 10:51

☆プレミア
男性
初コメです

コクランと接触したメイソン・マウントはX線にる検査を受診。靭帯へのダメージはなく予想より軽傷とのこと。既に水中でのジョギングなどリハビリを開始しているが、念のため今週にもう一度検査を行う予定だそう。

リバプール戦は厳しそうだけど、大怪我じゃなくて良かった!
(iPhone ios12.4)
2019/09/19 10:18

☆bleuJ
大連投失礼します
チームとしてコンセプトが無いから前からプレスがただの走り損になり、後ろは後ろで失点を重ねてるので慎重になりより重心が後ろにさがる。
なのに前の選手にはプレスのランを要求してるから疲れてくると間延びする。
監督としてメスを入れるべき所は後ろの枚数を増やしてカバーリングを強化することではなくまず戦える戦術を1本通すことです。
(SCV39)
2019/09/19 09:13

☆bleuJ
もちろんハイプレスだけで完了することは無いので、ディフェンスへの移行はボールのエリアによってシフトさせます。
だいたいハイプレスがかわされ、センターライン手前くらいまで持ち込まれたら即座にコンパクトな2ラインのブロックを形成し前への有効なパスコースを消す作業をします。
433だったらCFを前に残し44の2ラインを作りつつ、ボールに一番近い選手だけホルダーにチェイスしにいく方法が一般的かと思います。
それよりも後ろに押し込まれたら今度は451にし、より密集させます。守り方もクロスの対応と対人のマーク、ボールが来たときに優先させるのもクリアに変化します。
(SCV39)
2019/09/19 09:06

☆bleuJ
ハイプレスについて
ハイプレスの認識を間違えてらっしゃるので説明します。
ハイプレスは前線から果敢にプレスに行くことですが、目的はパスコースを限定すること、プレッシャーにより正確なプレイをさせないこと、パスミスやボールロストを誘うことです。
ですが、前線だけでそれが完了することはプロではまずあり得ません。なぜなら数的不利な状況だから簡単にかわされてしまいます。
ハイプレスの絶対条件はラインをコンパクトに保ち全体的に高く保ち数的不利を無くすとこです。
ハイプレスが注目されてる理由は前がかりになった攻撃からネガティブトランジションですぐに切り替えられることです。
そもそも後ろを気にして後ろの枚数を増やすならハイプレスはやらない方がいいのです。
後ろはオフサイドを取るのが基本なので。
前がかりになった後のカバーが出来るとおっしゃってますが、本来ならそのまま全体がハイプレスを敢行してれば防げるのです。
前だけ行って後ろが下がってたなら自ら門を開けた状態でゲームをしていることになります。
それならハイプレスを諦め、即座に帰陣しディフェンスブロックを形成することを優先するべきです。
(SCV39)
2019/09/19 08:29

☆bleuJ
ジルーを投入した采配もちぐはぐです。
ターゲットを増やすならなぜ最大のクロッサーだったアスピをCBに下げたのか
ペドロはクロッサーでは無いのでターゲットがいても肝心のククロスが入って来ない
なのでこの交代はターゲットを増やしてとか、ジルーの高さキープ力を活かしてじゃなく単にジルーのストレスを解消しただけなのかと疑ってしまうわけです
(SCV39)
2019/09/19 07:45

☆bleuJ
そして最も采配で重要なのが、コンセプトを遂行するためのフォーメーションや戦術になってるかで、それがちぐはぐだから警鐘を鳴らしてるんです。
いままでの戦いで重要だったのは早い段階での前線への供給でした。そのパスを担ってたのがジョルジーニョとコバチッチの二人ですが、4231から433に変更した主な理由は中盤を3枚にすることでタスクを減らし質の高いパスを出させ(余裕をもって前を向ける)ためです。
そこから受け手であるマウントやエイブラハムがスペースがあるので活躍できた。
でも343では中の二人はプレッシャーに晒されバランスを取ることで精一杯になり余裕が持てない
遅攻になりマウント、エイブラハムの持ち味は減るし、出し手もウイングバックに移行するので単純なクロスになってしまう
自ら武器を無くしたんです
(SCV39)
2019/09/19 07:41

スポンサーリンク


前へ次へ
ツイート