41711☆ああ 2024/02/20 09:27 (iOS17.2.1)
普通の筆頭株主交代や資本提携とは違うよね。
既存株主からの株式譲渡、第三者割当増資による取得、カヤック幹部による間接保有、合わせて40%強の保有率により持分法適用関連会社として、FC琉球をカヤックグループ傘下に収めた形。厳密には親会社と子会社とはならないが、M&A手法の一つ。
FC琉球の経営体制やブランドを守った上でカヤックによるバックアップ体制を構築された形。

単独議決権までは持たずに、基本的にはこれまで通りの運営を行う。カヤックから取締役を派遣し経営の安定化もはかりカヤックの決算諸表にはFC琉球の損益損益のうちカヤックによる株式保有率分が計上される。

めっちゃ強いホワイトナイトが現れた感じと思えば良い。第三者割当増資では億単位の資金が動いてるんじゃないのかな。結果的に胸スポンサーの額面より大きな額かもね。
返信超いいね順📈勢い

返信コメントをする

💬 返信コメント:0件

※返信コメントがありません


🔙TOPに戻る