超福島ユナイテッド掲示板
2482827アクセス
投稿:4397回
投稿 検索


スポンサーリンク

☆とむとむ◆hEwrGBARcE
男性
ああさん
J1とJ2はすでに改定施行でしたね。
J1・J2所属クラブは3期連続赤字でも、当期純損失額が純資産額を上回らなければライセンス不交付とはならないようですね。
ただ、J3ライセンス基準は変更なしなので、3期連続赤字はOUT。また、債務超過はJ1・J2・J3いずれも一発OUTですね。
(Chrome)
2019/06/26 02:45

☆まだユナサポ?
福島駅前スタジアムに向けて −資金と組織:どうやってつくるか B−
福島駅前スタジアムの最有力候補地と私は考える、イトーヨーカドーなどの土地建物の地主・大家がヒューリックなのはなぜか?まずシルク産業の盛衰とからめ解説を。

明治大正には福島盆地の農家が米作の副業で生糸や織物のシルク製品をつくるのを商人が買い集め、東北本線で大部分アメリカへ輸出する横浜港に出荷していた。
昭和にかけて福島駅の周辺に大きな会社、今の日東紡や前述の安田銀行系のその名も昭栄製糸の工場もできた。しかし戦後にナイロンに負けてシルク産業が没落すると、
昭栄製糸は福島市など各県の工場を廃業した。跡地をヨーカドーなどに再開発して不動産会社に転業し、2012年にビル賃貸を営む同じ旧安田系のヒューリックと合併した。
ちなみに同様に、蚕のエサの桑を栽培していた農家も果樹に転作し他県も含めシルクからフルーツ王国に変わったのである。

近年、東京圏は五輪景気でホテルや商業ビルの新築ラッシュ、ヒューリックの業績も右肩上りで旧財閥の3大会社は別格ながら東急と野村の両不動産会社を追っている。
日航の有名大ホテルをお台場と金沢市で買収などややバブリィ?さも感じるが、ヒューリックの公式サイトを見ると、オシャレな商業ビルやホテルの写真で一杯だ。
他方、旧昭栄製糸が再開発した地方の商業施設は4ヶ所あったが売却し福島だけに(代替で昨年にヨーカドー川崎店の不動産を買収)、さながら豪邸のはざまの裏長屋の感。
福島駅東口の辰巳屋等の再開発にはライバルの野村不動産が参入するし、宇都宮駅東口のその2倍規模の再開発も野村が主導する(栃木戦のときに餃子食べた広場か)。

老後に2千万円超に増やしたい方はぜひ!(笑)の下のポスト記事で、ヒューリックの戦略を幹部は「好立地の老朽化した自社物件を建て替えて、付加価値を付け」ると語る。
まさにピッタリなのが、東北・山形新幹線の分岐駅のホーム前の老朽ショッピングセンターに新たな多目的スタジアムを付加して再々開発することではないだろうか(まだゝ続く)。
www.news-postseven.com/archives/20180114_643459.html


(Chrome)
2019/06/25 17:38

☆(04:20の)ああ
3年連続赤字禁止ルールの改定
2018年からJ1とJ2はすでに改定施行としているから、今季J2に昇格した琉球が3年連続赤字でも救済措置ではなくセーフですね。
でも、J3ライセンスは変更なしとしてるから、東洋ワーク様による買収で一息ついたけどウチは予断を許しません。
そのリリースと、個別クラブ決算の先行発表のリンクを今度は貼っときますね。

www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h30kaiji_2.pdf    (3−1と−2)

www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h30kaiji_1.pdf





(none)
2019/06/25 12:20

☆ああ
男性
赤字でも
3期連続赤字でも赤字の額が、クラブの総資産を超えなければ大丈夫って規定が変わったんじゃないかな?
(F-01J)
2019/06/25 10:54

☆とむとむ◆hEwrGBARcE
男性
ああさん
そうですね。
昨年度(2017年度)は総収入が約3億8000万円で、単年度収支は200万円の黒字。
今年度(2018年度)は未発表ですが、総収入が約3億5000万円で、単年度収支は約1350万円の赤字となりますね。

昨年は3000万円の減収となったため(広告料収入&入場料収入の減少が原因)シーズン途中での選手補強ができず、8月以降の低迷を招きました。
8月のタイ遠征の費用も経営を圧迫した遠因になったかもしれません。

Jリーグは所属カテゴリーに関わらず、単年度収支が3期連続で赤字だった場合は、下部リーグへの強制降格or強制退会となります。
また、経営改善のためにJリーグから借入を行った場合は、その借入金を完済(利息も含めて)するまで上部リーグへの昇格が出来なくなります。(上部カテゴリーのライセンスを取得できなくなる。)かつて大分トリニータは経営改善のためにJリーグから6億円を超える額の借り入れを行い、その次年度から借入金を完済するまでの3年間J1に昇格できませんでした。J1昇格どころか、その経営難の影響でJ3降格まで経験する羽目になりましたからね。

Jリーグのクラブ経営は大変ですよ。
クラブの経営を好転させるためにはチームが勝ち続ける事が前提です。チームが勝つためにはしっかり選手を補強して強いチームを作らなければいけない。でも、勝ちたくて無理な大型補強を行えば、かつての大分みたいに経営を圧迫してたちまち経営難に陥います。経営難のクラブはJリーグから昇格の権利を与えられないので、人気も成績も低迷し、さらなる経営悪化を招きます。
クラブを成長させるには、上部カテゴリーに昇格するためにある程度のクオリティのクラブ環境を整えなきゃいけない。かと言って、経営を圧迫するほどの背伸びは出来ないんです。
チームを強化・成長させつつ、収支のバランスを保持しなければいけない。しかも、限られた予算でチーム強化&クラブ経営のみならず、地域振興への貢献も行わなければいけないわけです。
その上、赤字を一度でも計上した場合は、3年以内に経営改善しないと強制退会、2022年問題(ホームスタジアムの照明設備の設置が必須条件化されるため、2022年までにスタジアムに照明がないクラブは2023年以降のJ3ライセンスが取得できなくなる=強制退会)の出現と、クラブを取り巻く経営環境は年々厳しさを増しています。
現状では福島ユナイテッドFCの他、ヴァンラーレ八戸、岩手グルージャ盛岡、アスルクラロ沼津の計4クラブが2022年問題の対象になっています。
(Chrome)
2019/06/25 09:03

☆ああ
2018年度の赤字発表
(株)AC福島ユナイテッドの2018年期の1600万円の赤字転落見込みは、クラブ自身が2月のサポミで公表しました。
クラブは株式の非上場会社なので、4月の株主総会で株主にだけ財務諸表を公開します。
その総会を報道する4/23の民報の記事で、確定結果は1300万円の赤字だったと株主以外も知りました。

毎年7月に、Jリーグが株主以外のスポンサー、サポーターなど向けに全クラブの決算数値(概要)を公表します。
先立って5月に決算期が遅い数クラブを除き先行発表され、ユナイテッドは1400万円の赤字(四捨五入?)は正式に公表済みです。
以上のソース(リンク)は煩雑になるので、民報とJリーグのサイトで検索すれば出ますので、見たい方はどうぞ。

(none)
2019/06/25 04:20

☆◆QkRJTXcpFI
男性
プロだろうが、アマチュアであろうが、クラブに任せるのではなく、私たち一人一人が楽しむのが大切なのでは無いでしょうか?
クラブに任せるのではなく、私たちがどうにかするために動くべきでは無いのでしょうか?

ちなみに、今季は未発表ですが赤字の見込みです
(iPhone ios12.3.1)
2019/06/24 21:25

☆申年
男性
軽々しく
白旗を上げるとか言わないでもらえる?
サカつくみたいにゲームじゃないんでね。
退会してもし解散でもしたら、特にスタッフたちは路頭に迷うよ。
スタッフたちにも家族がいるんだし。

だから、軽々しく言わないで欲しい。
(iPhone ios10.3.3)
2019/06/24 20:49

☆とむとむ◆hEwrGBARcE
男性
ああさん
白旗を上げる、というのは?
まさか、今年度限りでのJリーグからの退会を表明しろとでも?
福島ユナイテッドFCはここ数年は減収減益を続けていますが、単年度収支は昨年度は黒字でしたよ。
まだ退会せざるを得ないような状況まで追い詰められているわけではありませんが。

もしここで退会を宣言したら、2011年に新会社を発足して倒産寸前だったクラブを再建した事も、2013年にJFL昇格、2014年にJ3参入して、福島県初のJリーグクラブとしてこの5年間で積み上げて来た実績も、全て水泡に帰してしまいますが、それでもいいのですか?
アマチュアクラブとしての再出発どころか、クラブそのものが消滅してしまうのがオチでしょう。
(Chrome)
2019/06/24 17:24

☆ああ
男性
やはり1千億円程度の売上がある企業が後ろ盾にならないと、クラブ運営も厳しいようですね。
J3だっていつまでもいられるとは限らないし、将来の展望とロードマップがないとね。

むしろプロを諦めて、アマチュアチームとして選手養成してプロへ送り出すとかの方が現実的。

市民のサッカー熱が氷のように冷えている現状ではプロチーム運営は甚だ難しい。

早いとこ白旗あげてはどうかな。
(Chrome)
2019/06/24 16:33

☆とむとむ◆hEwrGBARcE
☆さん
いいえ、アマチュアとは違い、プロはカテゴリーが上がれば観客動員数は確実に上がります。

まず、Jリーグはヨーロッパ各国のプロリーグ同様にクラブライセンス制度が導入されており、一定の条件(スタジアム条件・成績条件・財務条件など)をクリアしないと上のカテゴリーに上がれないため、昇格を目指すクラブは、毎年クラブの強化とプロサッカークラブとしての環境整備を続けていかなければなりません。

つまり、興行面でも成績面でもある程度のレベルアップを毎年続けていかないと昇格できないので、昇格が現実味を帯びる頃にはクラブとしてある程度のレベルの環境が整うようになります。
ましてや、昇格ともなれば否が応にもマスコミに注目されるようになるので、クラブとしての知名度も飛躍的に向上し、自然と足を運んでくれるお客さんが増えてきますよ。
(FJL21)
2019/06/24 00:00

☆◆QkRJTXcpFI
男性
カテゴリーが低ければ低いほど実力差があるので圧倒できてみてて面白いでしょう
これをひっくり返すと、上がれば上がるほど圧倒的強さを、行使するのは難しいということです。
とむとむさんの意見をまとめると、落ちればワクワクするという風に聞こえてしまうのですが…
(iPhone ios12.3.1)
2019/06/23 22:16

☆◆QkRJTXcpFI
男性
ぶっちゃけ、勝たないとこない人は、上がってもこないよ
だって上のカテゴリーに上がればますますレベルが上がって勝てないんだもん
その理論だと上がっても増えないと思いますが?
(iPhone ios12.3.1)
2019/06/23 22:11

☆名無し 
とむとむさん
ご丁寧な書き込みありがとうございます。とむとむさんに回答を求めるような意図で書き込んだわけでありませんのに、お手数をお掛けして申し訳ありません。
ひとつひとつ書かれておられること、本当にその通りだと思います。結局ウルトラCなどはどこにもないので、スポンサーや観客の増加、それによる収入の増加で、クラブ経営の収益の好転、クラブの強化を地道に目指していくしかないのでしょうね。
(SHV42)
2019/06/23 10:10

☆とむとむ◆hEwrGBARcE
男性
名無しさん
今の福島ユナイテッドFCに以前のような期待感が持てない理由は、

 @J3参入でカテゴリーのサッカーレベルが上がり、チームの強化がそれに追いつかず、相対的に勝ちにくくなった事。
 A現在の福島はJ3ライセンスしか取得できないため、どんなに好成績を収めてもJ2に昇格できず、選手がモチベーションを保ちづらい環境にある事。
 Bマスコミや専門誌などで取り上げられる事が少なく、地元(特にホームタウンの福島市)での知名度が著しく低いために集客に苦戦し、ホームゲームの雰囲気を作れない
  (試合によってはアウェーサポーターの方が多い時もある。)ために選手の試合での士気が上がらない。
 C単純に試合に勝てないため、選手が自信を持って試合に臨めずまた勝てなくなるという悪循環に陥っている。
 Dホームでの集客の苦戦、全国リーグへの昇格で遠征費や試合開催経費、強化費など、東北リーグ時代の数倍の経費が掛かっている事、成績や知名度の低迷などによるスポ
  ンサー離れなどで収入や利益の確保で伸び悩み、クラブの強化・成長が滞っている。

という所でしょうね。

現在の福島ユナイテッドFCの経営は確実に停滞感・行き詰まり感に支配されています。実際に行き詰っていますしね。
人材派遣大手の(株)東洋ワーク様が筆頭株主になられた事で、経営環境やクラブの環境(スタジアム問題も含めて)がどのように変わっていくか、今後に注目したいですね。
(Chrome)
2019/06/23 08:58

スポンサーリンク


前へ次へ
ツイート