過去ログ倉庫
スポンサーリンク

☆ああ 2022/07/17 20:14 (iOS15.5)
まあちょっと投稿が読みづらくなっちゃって申し訳なかったけど、要はククレジャ獲得は悪くないってことが分かって良かったかな。相手に応じてカンセロと使い分けができそうだし。
最近は鉄人ウォーカーも怪我がちだから、場合によってはカンセロを右で使う頻度が多くなるかもしれないね。
それぐらい、ポイントになる補強じゃないかな。
PR:⚾プロ野球掲示板

☆ガルク 2022/07/17 19:41 (iOS15.5)
うん
なんかもういいわ………
自分で言った事もすぐに忘れて連続でそんな投稿するあたり、自分さえ気持ちよくなれればそれで良いタイプと理解した。
最低限人として自分で言った事くらいは守ろうとしろよ。
PR:⚾プロ野球掲示板

☆ああ 2022/07/17 18:06 (iOS15.5)
ちょっとbusyになっちゃった。
もう直せないから、投稿スルーしてもらうしかないかな。板汚して失礼
PR:⚾プロ野球掲示板

☆ああ 2022/07/17 17:58 (iOS15.5)
LSB考察
Premier league staticsからデータを抽出。

試合数 goal assist pass/game
Cucurella 35 1 1 54
Cancelo 36 1 7 81
Zinchenko 15 0 4 64
Tierney 22 1 3 41
Robertson 29 3 10 66
Shaw 20 0 3 46

やはりCancelo、Robertsonのアシスト数は多いね。ただ出場試合数で考えれば、Zinchenkoも負けてはいないね。
1試合あたりのパス本数は、チームや戦術に左右されるから単純に比較できないけど、やはりCancelo、Robertson、Zinchenko、そしてCucurellaも数値は高い。このあたりはまさに現代のLSBに求められる能力とも言えるよね。

次いで守備面。

Tackles Interceptions Duels won
Cucurella 93 30 191
Cancelo 83 59 222
Zinchenko 20 14 44
Tierney 18 15 55
Robertson 36 23 84
Shaw 21 9 64

こうしてみると、意外や意外、Canceloの守備面でのstatsが優れていることがよく分かる。
単純に攻撃だけじゃなくて、実は守備面でも貢献している、というのは意外なようで納得。
そのCanceloのstatsに近いのがCucurella。
Tackle数が多くて、Duel数も多い。
その中でパスやアシストで貢献できる。
こうした数字からも、選手の像がなんとなく透けて見えるよね。結構イメージとは違う一面も見えて興味深いね。

そしてCucurellaがKieran TierneyやLuke Shawよりも遥かに多い試合数をこなしていて、かつ守備面においてよりチームに貢献できるプレーヤーであることが分かる。やはり獲得に値する選手だと言えるかな。

少し長くなったけど、premier leagueのLSBに対する考察だね。もちろんこれは昨シーズンに限定した数字の中で、さらに一部を抜粋したものに過ぎないから悪しからずね。
PR:⚾プロ野球掲示板

☆ああ 2022/07/17 16:51 (iOS15.5)
新加入の噂のMarc Cucurella が気になったので、少し調べてみた。結論から言うと、モンスター級ではないけれど、やはり獲るべき選手だと言えるね。わざわざZinchenkoを出してまで獲る選手なのか?と思ったけど、色々見て納得という感じ。

LSBの守備としては珍しくタイミングをはかって一気に間合いをつめて奪いに行くタイプだけど、獲いにいくタイミングが良い。また重心が低くて歩幅も小さいから、簡単にかわされる場面が少ない気がする。その上さらに守備がしつこい。
これは相手からすると結構嫌なタイプだね。

確かに昨季Seagullsで守備面での活躍がメディアにも取り上げられていたけれど、さすがPepの目にとまったという訳だね。
守備面で良い上に、La Masia上がりでボールスキルには長けているし、なかなかいないタイプかもしれない。風貌から言及するわけではないけど、マルセロのようでより泥臭く戦うタイプ、かな。
Statsについては次の投稿で。
PR:⚾プロ野球掲示板

☆ああ 2022/07/17 08:23 (iOS15.5)
記事によるとPSMにはPhil、Stones、Gündoğan、Laporteの4名は帯同しないとのこと。
せっかくPhilとErlingの次世代の黄金コンビが見れると思っていただけに、少し残念。
まあこれからいくらでも見れるからいいんだけどね。彼ら2人は今後10年間に渡ってシティ、そしてpremier leagueを背負って立つ選手だからね。
CBはRúbenとAké、あるいは若手の組み合わせになるのかな?PSMなんかどうだって良いから、とにかく怪我をしないよう気をつけてほしいね。

あとは心配なのはOleksandr Zinchenkoの移籍話かな。確かに守備面では不安はあったけと。彼の切れ味鋭い切れ込みは攻撃のアクセントになっていたからね。
Gunnersが獲る気らしいけど、同時にCucurellaの獲得を発表するのか、はたまた他の選手を獲るのか。大事なポイントだから、ちょっと気になるかな。ここも1stはJoãoだから急ぐ必要は無いけれど、通念のシーズンを考えるとback upは必要不可欠だからね。
PR:⚾プロ野球掲示板

スポンサーリンク

前へ次へ
↩TOPに戻る